プロフィール

せどりに必要なツール・サイトまとめ【初期投資です】




【月額】Amazon Seller大口出品

本気でやるのであれば、大口出品から始めるのがよいです。

僕の場合は、小口出品から始めましたが、売上個数がすぐに月49は超えたので、大口に移行しました。

大口出品▷月額登録料4,900円+注文成約時の販売手数料

小口出品▷100円の基本成約料+注文成約時の販売手数料

https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/individual-promerchant.html

小口だと、売れる度に基本成約料が100円が発生しますので49個以上、毎月売れる見込みがあれば、大口をおすすめします。

大口だと、月額費用の代わりに手数料が発生しません。

そのため、個以上が毎月売れるのであれば、大口のほうがお得になります。

在庫の質に問題がない場合は、目安として在庫数のうち1%は毎日売れるものですので、

在庫が160個ほどをキープできるなら、大口出品のほうが良いかもしれません。

【購入】スキャン(ビーム)

KDC200iM

もしくは

MS910

これは、僕の場合kdcしか使ったことがないので何とも言えないですが、

You Tubeでビームの比較動画が出ていて、それを見て、ビームの強さ決めました。

遠くまで届きます。

ただ、KDCのほうが値段が高いので、

予算と相談ですかね。

ただ、すぐに取り戻せるので、投資だと思って自分が本当に良いと思ったほうを購入するのがよいかと。

【無料】価格調査ツール(サイト)

モノレートを使います。

他にもサイトはありますが、モノレートを使っているせどらーが大半です。

僕の場合は、ランキングは見ずに、

ここ3ヶ月で売れた回数

ここ12ヶ月の平均料金

を仕入れ基準にしています。

また、モノレートが何らかの影響で使用できない場合には、デルタトレーサーというサイトがよいです。

モノレートが使えない場合の3つの対処法【代替策の提案】

【月額】価格自動改定ツール(サイト)

マカド!

プライスター

この二択かなーと思います。

両方とも月額がかかります。

ちなみに、僕は マカド! を使用しています。

【月額】利益調査ツール(アプリ)

Androidの場合は「せどろいど

iPhoneの場合は「せどりすと

ワイヤレスイヤホンはあった方が便利です。

せどりすとは利益を音声で読み上げてくれます。

いちいちスマホを見る手間が省けますので、設定したほうがよいかと。

【有料】梱包・発送

クリックポスト

日本郵便のサービスです。

インターネットから宛名ラベル作成→支払い→ラベルを封筒に貼付→ポストイン

特約ゆうメール

これは、日本郵便との契約が必要ですが、安くしてもらえるみたいです。

まとめ

今回はせどりを行うに当たって必要になるサイトやツールを紹介しました。

これから始めてみたいという方の参考になれば嬉しいです。

シェアしてくれると喜びます。

ABOUT US

零細企業経営|複業ブログ⇢hiroki6運営🍵せどりやライティング情報発信【経歴】大学/英国短期留学 海外10数カ国旅行▷大学院/NPO法人支部創設▷起業失敗▷IT化支援の企業に就職(月収約45万)/IT雑誌(市販)+メルマガの編集者▷2年で退職予定▷独立・専業○せどり・ライティング・ブログが好きです👨‍💻