プロフィール

古物商免許が必要なケース【不用品売買は原則不要】




こんにちは、hirokiです。

今回は、”せどり”をするに当たって、「古物商」免許は必要になるかどうかについて、考えていきたいと思います。

なお、僕は古物商を取得しておりますが、

下記は、あくまで素人の見解になりますので、その点はご了承ください。

せどりをする場合、古物商は必要か

結論から申し上げると、以下に該当し、”業”、つまり利益を目的として行う場合には、必要となります。

  • 取り扱う商品が、「古物」に該当している
  • 取引方法が「古物営業」に該当している

例えば、趣味として購入した”不用品”を売る場合、つまり、利益を目的としたモノではない場合には、

古物商免許の取得は不要となります。

しかし、あくまで客観的な判断になりますので、

必ずしも、不用品販売において、古物商免許が不要になるとも言えないです。

 

ガイドライン

ちなみに、その販売(インターネット販売)が、事業に該当するかどうかは、

国から、その目安が提示されておりますので、ぜひ確認してみてください。

インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン(サイト内にPDFあり)

https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/guidelines.html

この内容に該当する場合、販売業者として見なされる可能性が高まります。

新品転売は不要?

「一度でも取引されたことのあるモノは古物」という認識のため、お店で仕入れた商品はその時点で中古品となり、古物商業法の対象となります。

また、イベントなどでもらった景品やタオルなどの引き出物も中古品となります。

そのため、古物商免許が不要な「新品」とは、工場やメーカーから直接卸したモノになります。

以上から、”せどり”を行う場合には、基本的に古物商免許が必要となります。

まとめ

まとめ

現在、頻繁に古物の取引を行っており、古物商を取得しようかどうしようか迷っているという方は、今後、取得が難しくなる可能性も考えられることから、今のうちに取得しておくことをオススメします。

補足

行政書士に取得代行をお願いすると、非常にラクです。

僕は、取得に必要な申請費用と代行費用を合わせて、確か総額で約5〜6万円かかりました。

 

ちなみに、古物商の英訳は、”second-hand dealer

他にも言い方はございますが、この英訳がしっくりきます。

シェアしてくれると喜びます。

ABOUT US

零細企業経営|複業ブログ⇢hiroki6運営🍵せどりやライティング情報発信【経歴】大学/英国短期留学 海外10数カ国旅行▷大学院/NPO法人支部創設▷起業失敗▷IT化支援の企業に就職(月収約45万)/IT雑誌(市販)+メルマガの編集者▷2年で退職予定▷独立・専業○せどり・ライティング・ブログが好きです👨‍💻