Written by hiroki

新卒2年目の僕、会社を辞めます【退職を上司に伝えるまでの手順】

今回は、2020年3月で会社を退職する予定の僕が、上司に「退職を告げる」までの手順を紹介します。

実際、会社を辞めたくても、上司に言えずに悶々としている方って多い気がします。

僕も言いづらく、多少伝える時期が延びてしまいましたが、何とか無事に、2019年11月に上司に伝えることができました。

独立してもやっていける目処が立ったためです。

僕自身、まだ退職していない状態で、あくまで上司に告げるに至った経緯と流れをシェアします。

これから辞めようという方の参考になれば非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

いつ辞めるか【時期】

最も多いのは3月でしょう。

僕も3月末をもって退職予定です。

理由は、年度の切り替わりで、自分が辞めても人員補充がしやすいからです。

また、他にも辞める人が割といるというのも関係しています。

なるべく、後腐れなく、穏便に辞めたいという方は、年度末が良いかもしれません。

しかし、辞めたい時に辞めるのがベターです。

辞めたいと思った時がチャンス

例えば、辞める時期を1年後に設定した場合、

その1年間に「やっぱり続けようかな」と思うようになり、今の仕事を続けることになったりします。

辞めようと思ってから、その後1年間も在籍していると、会社に洗脳されてきます。

ハングリーな精神が失われてきますので、

エネルギーや野心があるうちに、サクッと辞めてしまったほうがよいかと。

スポンサードリンク

いつ伝えたか【2〜3ヶ月前】

決心が鈍らないうちに、僕の場合は早めに伝えました(11月なので、4〜5ヶ月前)。

一般的には、2、3ヶ月前に伝えるのが丁度良いみたいです。

法的には2週間前までに退職届を出せば良いみたいですが、このあたりはググってみてください。

会社の内部規程に別途、定められている可能性もありますので、確認してみてくだい。

実践

①課長等の直属上司に伝える

いきなり、少し上の同僚や身近な同期に、退職を伝えるのは基本的にNGです。

なぜなら、直属の上司(課長など)が知らないのに、

他の同僚は知っているという状態が好ましくないからです。

仕事でも同様で、重要事項は基本的に課長などの役職にまず伝えることが重要です。

そのため、まずは直属の上司に伝えましょう。

伝えるタイミングは、

人事面談などの際がベストですが、

すぐに予定されていない場合は、

「後ほどお時間よろしいでしょうか。折り入ってご相談がありまして。」などと伝え、必ずアポを取りましょう。

「仕事のことで折り入ってご相談ありまして、、」でも良いと思います。

直接アポを取りづらい場合は、メールでも良いかと。

②直属の上司の指示を仰ぐ(人事の上司に伝える)

その次は、直属の上司の指示に従って行動をします。

僕の場合は、直属の上司が、人事の課長、部長や役員にまで報告してくれました。

その後、人事の課長から呼ばれ、面談を行い、改めて辞意を伝えました。

この際、辞める時期や意思を明確に伝えることが重要です。

スポンサードリンク

気楽に

とりあえず、退職を伝えるまでの手順を書いてみました。

職場によりけりですが、僕は上記の方法をとりました。

辞めるのは2020年3月末ですので、進捗があればまたシェアします。

シェアしてくれると喜びます。

カテゴリー