Written by hiroki

スキャン(ビーム)で人目を気にしないマインドを保つ方法【考え方のシフト!周りの目を気にしない】

せどりをする際、バーコードリーダーの使用はほぼ必須ですが、

人目が気になるという方は多いですよね。

僕も、最初は気にしており、あまり積極的に仕入れができませんでしたが、

考え方を変えてから、あまり気にしないようになりました。

具体的には、以下のような考え方を持つことで、人目を気にしなくなってきます。

スポンサードリンク

お客さんはあなたを気にしていない

皆さん、目的があってその店舗に来ているので、

そこに、せどらーがいたとしても、実際あまり気にされていないです。

「あ、いるなー。」くらいで終了です。

自意識過剰とまでは言いませんが、あまり気にしすぎても損です。

しかし、一部、せどりをしている人を見て不快に感じる方もいると思いますので、

なるべく、せどりをしている姿を見られない、もしくは、スキャンをしていることが分からないようにするということが大切です。

このことについては、別記事で紹介します。

店員さんもあなたを気にしていない

また、店員さんについても、「あ、せどらーいる。」くらいにしか感じていないと思いますので、

迷惑行為さえしていなければ問題ないと考えています。

さらに、店員さんは忙しいので、せどらー気にしている暇はないです。

僕は、店員さんの隣で仕入れていても、ほぼ何も言われたことがないです。

「ほぼ」というのは、一度だけ、個人経営のBOOKOFFに仕入れに行った際に、

「当店はバーコードのスキャンは禁止です。」と注意されました。

そのような場合には、受け入れて、別の店舗に向かいましょう。

スポンサードリンク

むしろ、店舗からは有り難がられていることも

せどらーは基本、一度に大量の商品を購入します。

また、その店舗の商品の質が良ければ、何度もリピートします。

店舗の側に立って考えると、せどらーほど優良な顧客はいません。

むしろ、WIN-WINの関係です。

本気度が高ければ、人目なんて気にしない

今の会社を辞めたい、副業で稼ぎたい、自由になりたい等、

ぐための明確な目的があれば、障壁を乗り越えられるはずです。

「恥ずかしい」という気持ちも分かりますが、そのハードルを越えさえすれば、

あなたと同じように「恥ずかしい」と思って、結局挑戦しなかった人たちよりも前に進めます。

また、本当に稼ぎたいという気持ちがあるのであれば、目の前のことに熱中できるものです。

禁止かどうかを確認する方法

BOOKOFFでは、スキャンが禁止の場合、張り紙が貼ってあるようです。

しかし、張り紙があっても、黙認されていることも多いと思います。

気になる方は、

予め、店舗に「バーコードリーダーを使用して、商品を探してもいいでしょうか?」などと、

電話等で直接聞いてみるのが良いです。

承諾を得られれば、臆することなくスキャンをすることができます。

友人や知り合いとせどりをしてみる

僕には、一緒に店舗に行くようなせどり仲間がほとんどいないので、

当てはまらないですが、手としてはアリだと思います。

しかし、最終的には独り立ちしたほうが効率良く仕入れができます。

スポンサードリンク

おわりに

重要なことは、少しずつトライしていき、慣れていくことです。

しかし、どうしても「恥ずかしい」という方も中にはいるかもしれません。

そのような場合には、「電脳せどり」が良いかなと思います。

つまり、ネットのみで完結するせどり手法です。

特に、メルカリなどのフリマサイトでは、素人が値付けをして出品しているので、

安く仕入れができることも多いです。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアしてくれると喜びます。

カテゴリー