Written by hiroki

会社を作るなら株式会社?合同会社?【株式会社のメリットとデメリット】

法人を設立して起業しようと考えている場合、選択肢として、「株式会社」か「合同会社」のどちらにしようか迷う方は多いですよね。

会社といえば株式会社だと認識している方は多いですが、合同会社を設立するという選択肢もあります。

僕は株式会社を設立したのですが、なぜ合同会社ではなく株式会社なのかについて、株式会社のメリットを挙げつつご説明します。

スポンサードリンク

メリット

信頼度が高い

合同会社は株式会社と比べると、知名度が低いという欠点があり、世間的な信頼度は、株式会社にはまだまだ及ばない印象です。
また、株式会社でないと、取り引きをしてくれない会社もありますので、そのあたりも踏まえた上での検討が必要です。

株式による資金調達が可能

合同会社では、株式を発行できないため、株式を用いて資金調達をすることはできません。
また、要件を満たせば、株式市場への上場も可能ですので、上場を目標としている場合には株式会社であることがマストです。

社長の呼び方が代表取締役

法律上、合同会社では、会社トップのことを、”代表社員”と呼びます。
代表社員は、合同会社の代表者であるということを指し、株式会社でいう「代表取締役」にあたります。
これは感覚的な問題ですが、「代表取締役」というほうが何となく肩書としてカッコいい気がします。

※自社の定款の中で、代表社員を代表取締役とする定めを置くことで、名刺やホームページ上で代表取締役とすることも可能です。

税金面は?

違いはありません。
合同会社であっても株式会社であっても、
法律上は同じ扱いを受けることになります。

スポンサードリンク

デメリット

設立費用が高い

株式会社⇢

  • 約20万円(電子定款の場合)
  • 約24万円(紙の定款の場合)

合同会社⇢

  • 6万円(電子定款の場合)
  • 10万円(紙の定款の場合)

公証人による定款認証が株式会社設立の場合には必要で、その費用も上記に含まれています。

決算公告の義務がある

合同会社は決算公告をしなくてもよいです。

一方で、株式会社は毎年必ず行わなければならないです。

役員の任期がある

株式会社の役員には、任期があり、基本的に最大10年となります。

一方で、合同会社の役員に任期はありません。

まとめ

長期的にみて、会社を大きくしたい場合や融資を受けたい場合には、株式会社の設立を検討することになるかと思います。

シェアしてくれると喜びます。

カテゴリー